旅行by式目

旅行の魅力や日々の生活についてのブログです。栃木県が大好きです。

栃木の有名観光地 日光について

 日光市って有名ですよね。栃木県の北西部に位置している自然が豊かな街となっています。広いです、本当に。なんと栃木県の約20%を占めるエリアになっています。


主な観光地は以下の通りです。
・日光東照宮など寺社が位置する日光市街
・大きな湖がある中禅寺湖
・日本有数の湿原戦場ヶ原
・鬼怒川温泉
・川治温泉
・湯西川温泉
・川俣温泉、奥鬼怒温泉郷

 

こう見てみると、日光=自然+歴史+温泉ですね。ゆっくりしたいって人にはぴったりではないのでしょうか。

小さい頃は、日光なんて、いろは坂で酔うし、歴史ね・・・という感じですが大人になってからの日光はバカ楽しいです!
今回は日光がどんなところという疑問や魅力について、Q&Aの形で紹介していきます。

 

 

Q 日光ってどんなところ?
A 日光東照宮をはじめ、世界遺産の日光の社寺で有名な場所です。また、避暑地としても有名です。夏は、栃木の中でも涼しくて、過ごしやすいい地域です。温泉も川沿いにあるものから山奥にひっそりあるものもあります。一概に温泉といっても、雰囲気が全然違い、温泉好きにはたまらない場所ですね。

 

 

Q 自然がいっぱいなのは分かった。いつ行くといいの?
A いつ行っても楽しいです、冬に行ったら、かまくら祭りやスキーが楽しめます。春から夏行くと、緑が楽しめて心安らぎます。一番のおすすめが、秋です。10月上旬から下旬の間は紅葉が見頃で、一番、日光に人がいる時期ではないでしょうか。特に、いろは坂という、カーブが連続する坂があるのですが、そこをドライブすると楽しめます。

いつも、ニュースで大渋滞しているイメージがあります。

乗り物酔いする人にとっては、辛くなることもあるので、梅干しの用意も忘れずに(笑)

中禅寺湖と男体山 (とちぎフォトライブラリー)

Q え?車でしか行けないの?
A 車でなくても電車やバスで移動できます。東武日光駅という駅は東武浅草駅から2時間弱で行けるアクセスの良い場所にあります。

また、観光地とだけあって、歴史的なスポットが多いところはバスが頻繁に走っています。

多くのホテルや旅館は駅からお迎えのバスを用意してくれるので、安心です。僕は、バスや電車を使って旅をすると、観光地以外の街並みや自然を感じられるので、割と好きですね。

 

Q ホテルとか旅館の話が出てきたけど、泊まらないと日光を満喫できないの?
A 宿泊しないと楽しめないという事はありません。

エリアを絞れば充分に楽しめます。先ほど紹介したように、電車でのアクセスがいいため、日帰りでも楽しめます。

しかし、ゆっくりしたいという目的の方の場合は宿泊がおすすめですね。温泉に入って、ご飯を食べて、また温泉に入る、寝て起きて、温泉に入るのが僕のおすすめです。体に悪いといわれるかもしれません。しかし、体というより、心が安らげるルーティンのようになっているので、ぜひ宿泊してみてください。

奥鬼怒の温泉(とちぎフォトライブラリー)

 

Q 日光って何が名物なの?
A そばや湯波を思い浮かべる人が多いですね。日光の湯波は、湯葉ではなく湯「波」と言われています。一般的な湯葉は薄っぺらいイメージと思います。しかし、日光湯波は、薄っぺらいものを巻いて丸い形をしています。湯波が入ったそば、おいしいですよ。

あと、夏の名物かき氷が有名です。日光の天然水のかき氷、おいしいですし、頭がキー―――――ンとならなくて素晴らしいです。おいしくてきれいな水で作るかき氷は、ふわふわの雪のような感じです!

湯葉の田楽(とちぎフォトライブラリー)


日光には、いつ来ても、季節感あふれる自然に触れることができますし、歴史的なものも見ることができます。次からはエリアや観光スポットに焦点を当てていきます。